仮想通貨の始め方

【完全無料】ビットフライヤーで口座開設する方法を画像で解説【PC版】

この記事は約9分で読めます。

悩んでいる人

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設をしようと思うんだけど、やり方が分からない。

このような方のために、本記事ではbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・登録方法を、超分かりやすく画像を使って完全解説致します。

ご紹介する通りに進めて頂ければ最短10分ほどで登録完了できますので、サクッと登録してビットコインなどの仮想通貨を購入しましょう。

>> スマホでの登録方法はこちら

事前に準備すべきもの

メールアドレス

自分がよく使うメールアドレスを使用しましょう!

なければGmailなど、無料のメールアドレスを作って使用すればOKです。

本人確認書類

下記の中から1つだけ用意すれば大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種福利手帳
  • 住民票の写し
  • 特別永住者証明書
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金・国民年金・共済年金)
  • 在留カード

中でも「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」のどれかはお持ちだと思いますので、その中から1つだけ手元に用意しておきましょう。

二段階認証アプリ

セキュリティーを強化するため「二段階認証」の設定が必要になります。

二段階認証をするためには「Google Authenticator」という無料アプリを使用します。

iPhoneの方は「iOSアプリ」を、Androidの方は「Androidアプリ」でそれぞれダウンロードしておいてください。

銀行口座情報が確認できるもの

最後に設定事項として、日本円の入出金の際に必要になる銀行口座の登録も行います。

キャッシュカード、もしくは通帳などで下記項目が確認できるものを用意しましょう。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 銀行口座名義

口座開設・登録方法と手順

準備すべきものは全て手元に揃いましたか?

それでは口座開設・登録に進んでいきましょう。

ステップ1:メールアドレスの登録

まずは、ビットフライヤーの公式ページにアクセスしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式ページ

ページに移動したら、下記の赤枠内にメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックします。

すると下記ポップアップが出て、メールが届きますので、メール内容に記載されているキーワードを入力してアカウント作成を進めます。

※ メールに記載されているリンクからも、アカウント作成を進める事は可能です。その場合はURLをクリックし登録を進めましょう。

ステップ2:パスワードの設定

次にパスワードの設定画面に移動します。

ログイン時に利用したいパスワードを入力し、「設定する」をクリックします。

ステップ3:同時事項の確認

次に同時事項の確認画面が表示されます。

内容に問題がなければ、それぞれのチェックボックスにチェックを入れ、「同意する」をクリックします。

ステップ4:二段階認証の設定

次に二段階認証の設定ページが開きます。

二段階認証は、通常のパスワード認証に確認コードの入力を追加して、セキュリティを強化する仕組みです。

必ず設定をしましょう。

設定方法は下記の3種類です。

<二段階認証の設定方法>

各項目をクリックすると、その設定方法に進めますのでご自身が設定したい方法を選んで下さい。おすすめは「認証アプリ」を使った方法です。

携帯電話のSMSでコードを受け取る方法

「携帯電話のSMSで受取る」から進むと、下記の画面に移動します。

セキュリティを強化したい項目にチェックを入れ、「設定する」をクリックして完了です。

チェックした項目を行う際に、SMSでの二段階認証が必要となります。

認証アプリを使う方法

「認証アプリを使う」から進むと、下記の画面に移動し、ビットフライヤーで使用可能な認証アプリを説明するページが開きます。

このページで紹介されているアプリをインストールすれば、それを使って二段階認証ができます。

※ 冒頭の「準備すべきもの」でもご紹介した「Google Authenticator」は他の仮想通貨取引所でも使用できますので、個人的にはこちらがおすすめです。

アプリをダウンロードし、上記ページで「次のステップへ進む」をクリックすると、認証アプリを設定するための二次元バーコードが表示されます。

表示されている二次元バーコードを認証アプリでスキャンすれば、「確認コード」を取得することができます。

>>「Google Authenticator」を使用の場合はこちらで操作方法を紹介しています。

取得した確認コードを上記ページのステップ2に入力し、「認証する」をクリックしましょう。

正しく認証できれば、二段階認証を使用する項目を選択するページが開きます。

セキュリティを強化したい項目にチェックを入れ、「設定する」をクリックすれば完了です。

「Google Authenticator」を使用の場合

まずアプリを開いたら、右上にある「+」ボタンをタップ。

「バーコードをスキャン」をタップ。

PC上に出ているQPコードをスキャンすると、アプリ側で6桁のコードが表示されます。

この6桁のコードが「確認コード」です。

この6桁の数字は30秒ごとに切り替わりますので、時間ギリギリに入力すると間に合わない可能性があります。数字横に出ているタイマーも確認しながら行なってみてください。また、番号をタップするとコピーされるので便利です。

メールでコードを受け取る方法

「メールで受取る(暗証番号4桁が必要です)」をクリックし、暗証番号の設定を行いましょう。

ビットフライヤーでは、メールアドレスによる二段階認証は推奨していません。

メールアドレスのアカウント自体が、クラッキングにより乗っ取られてしまう可能性が高いからです。

二段階認証の設定を行わない方、メールによる二段階認証を選択された方は、必ず暗証番号の設定を行ってください。

ステップ5:個人情報の登録

二段階認証の設定が完了すると、次は個人情報の入力です。

「ご本人確認の手続きをする」ボタンが表示されるので、クリックして進みましょう。

「基本情報」→「住所」→「電話番号」→「入力内容確認」の順に進み、問題がなければ「登録する」をクリックして完了です。

ステップ6:本人確認資料の提出

個人情報の登録が終了すると、本人確認資料の提出の手続きに移ります。

本人確認資料の提出は、以下の2つの方法が用意されていますので、どちらかを選択しましょう。

<クイック本人確認>
本人確認書類と顔の写真⋅動画を撮影するだけで、オンライン上で本人確認が完結する方法です。登録した本人様情報と本人確認書類の内容が一致していれば、最短でお申し込み当日中に本人確認審査が完了し、取引が可能になります。

<対面での本人確認>
申請すると通常1〜2営業日以内に本人確認に必要なレターが送れらます。レター受け取り時に、佐川急便の配達員に本人様確認書類を提示し、配達員が端末に情報を入力し本人情報を照合します。内容が一致していれば、レターを受け取り、承認が完了すると取引が可能になります。

おすすめは断然「クイック本人確認」です。

本人確認資料の提出が終われば、ビットフライヤー側の審査が始まりますので、あとは待つのみです。

審査に通過すれば、ビットフライヤーの各種機能が利用できるようになり、仮想通貨の売買も可能になります。

その他の設定項目

取引目的の入力

マイページにログインし、アカウント情報欄の取引目的「未入力」をクリックします。

ご自身に該当する項目にチェックを入れ、「入力する」をクリックすれば完了です。

銀行口座の登録

日本円の入出金の際に利用する銀行口座の登録を行います。

ログイン後、入出金メニュー内の「日本円出金」タブを開き、「銀行口座を登録する」より登録が可能です。

ご自身が利用したい銀行口座の情報を入力し、「登録情報を確認する」をクリックします。

次のページで内容を確認し、「銀行口座を登録する」をクリックすると、口座の登録は完了です。

審査が通ったらまずは入金

口座開設ができたら、まずは日本円を入金しておきましょう。

モア像

僕自身、何度も失敗をしたのですが、価格が下がって買いたいと思ったときに日本円が入金できていないと、そのチャンスを逃すことになります。

「買いたいときに即入金すればいい」と思うかもしれませんが、買いたいときが休日だった場合、銀行が閉まっているため次の月曜日まで日本円を送れないことが多いです。

なので、口座開設ができたら、まず入金までは済ませておくことをおすすめします。

入金の仕方はビットフライヤーのサイトで丁寧に説明してくれていますので、それに沿って入金しましょう。

>> ビットフライヤーへの入金方法はこちら

【まとめ】仮想通貨を始めるなら今

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・登録方法をご紹介しました。

国内で多数存在する仮想通貨取引所の中でも、ビットフライヤーはビットコインの取引量がトップクラスで、安定したトレードができることから人気が高い取引所です。

また、「bitFlyer Lightning」という取引所での売買が可能です。

販売所での売買ならスプレッドという高額な手数料がかかるのに対し、取引所でのトレード(板取引)なら手数料をおさえた売買もできます。

初心者から投資家と呼ばれる方にまでおすすめできるビットフライヤーで、仮想通貨の取引を始めてみましょう。