ゲイライフ

【同性カップル必見】LGBTフレンドリーな不動産屋10選

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

LGBT当事者

恋人と一緒に住む為に部屋を探してるんだけど「同性カップルの入居はダメ」と断られることが多い。

などと、部屋探しの際に困った経験がある同性カップルも多いはず。

そこで今回はLGBTフレンドリーな不動産屋を紹介します。

【同性カップル必見】LGBTフレンドリーな不動産屋10選

イエプラ

イエプラは、不動産会社に来店しなくてもスマホやPCを使ったチャットで、入居の悩みを相談したり、お部屋を紹介してもらえる不動産屋です。

不動産屋の窓口に行く前に「同性カップルでも入居可能な物件を探してほしい」「偏見のない大家さんがいい」などの相談をチャットで送信でき、スタッフがお部屋を探してくれます。

LGBTに理解のあるスタッフが沢山在中しており、同性カップルの入居に関する悩みなども相談に乗ってくれますので、気軽に問い合わせてみて下さい。

イエプラ公式ホームページ

SUUMO(スーモ)

2017年3月、物件検索の項目に「LGBTフレンドリー」を追加し「LGBTであることを理由に、入居相談や入居自体をお断りすることはない」というような意志を積極的に表示しています。

また「SUUMO for LGBT」という特設サイトを設けて、LGBT当事者が安心して物件探しができるような配慮もされているくらいLGBTフレンドリーな不動産屋です。

SUUMO公式ホームページ

IRIS (アイリス)

スタッフは全員LGBTs当事者なので同性カップルにとって、とても相談しやすい不動産屋です。

また、不動産屋に相談する際にスタッフとしてLGBT当事者がいるというのは、本当に安心できますし、自分たちが同性カップルであるということを隠す必要がなくなります。

また、ブログでは「同性カップル向け」の記事など、LGBTに関する記事が沢山公開されています。

IRIS公式ホームページ

Enplus (エンプラス)

2004年の創業当時より、国籍・言語・文化・性別などにとらわれず、ダイバーシティを推進してきたエンプラスでは、LGBTの社会的理解浸透も進めるべく、「LGBT支援に向けたエンプラス4つの約束」を掲げ、LGBT支援に取り組んでいます。

公式ホームページにてこのような宣言をされていることからもLGBTフレンドリーな不動産屋ということが分かりますよね。

入居審査で不利になることなく、同性カップルが求める物件に入居できるようにすることや、社員採用でもLGBTが理由で不利益にはならないよう勤めています。

エンプラス公式ホームページ

BLUE BOX (ブルーボックス)

ブルーボックスは、愛知県のルームシェア相談可物件専用ホームページです。

LGBTの人にも幸せな住まい探しを提供したいという思いで、社外から講師を招き、役員や店長に向けてセクシュアルマイノリティに関する基礎知識向上を目的とした勉強会を開催するほどLGBTフレンドリーな不動産屋です。

ブルーボックス公式ホームページ

LGBT不動産

LGBT不動産は、物件探しに多数実績のあるリブスター不動産が、2013年6月に立ち上げた不動産事業で、セクシュアルマイノリティの暮らしを応援するために設立されました。

ホームページにて「LGBTに理解のあるオーナー」を募集されていたり、LGBTについて沢山のブログを公開されているので、安心して物件探しができます。

不動産だけではなく、暮らし全体を支えていこうという姿勢が強い不動産屋です。

LGBT不動産公式ホームページ

結家不動産

LGBT当事者に対して特定のサービスを提供しているわけではありませんが、セクシュアルマイノリティの方に物件を提供した実績がある不動産屋です。

結家不動産は下記の5つの約束を掲げています。

  • 不動産業界のうら事情すべてぶっちゃけます!
  • ムリな売り込みや契約の催促はしません!
  • 物件の善し悪しすべて正直にお話します!
  • 契約して終わりではなく、一生涯のお付き合いをお約束!
  • 「こんな不動産屋初めて」と言って頂ける様な感動を!

これだけのことが約束されていると安心できますよね。

また、結家不動産はLGBTフレンドリーな求人情報を集めた求人サイト「ichoose」にも求人情報を載せていることから、LGBTフレンドリーなんだということが分かります。

結家不動産公式ホームページ

三好不動産

三好不動産は、TwitterFacebookでも「性的少数者(LGBT)のお部屋探しを支援します。」と掲載されているほど、LGBTフレンドリーな不動産屋です。

また、2019年11月には大切なパートナーとの今後のライフプランについて、不動産(住まい)を観点にしたLGBTの方対象のセミナー「LGBTライフプランセミナー」を開催するなど、LGBTに対して積極的に活動をされています。

そこまでの実績があると、LGBT当事者も安心して物件探しを任せられますね。

三好不動産公式ホームページ

RENESYS (リネシス)

リネシスは、JobRainbowが提供するLGBT研修を行い、それをきっかけに制度や設備、サービス向上に意欲的に取り組み「真のダイバーシティ企業」を目指して様々な取り組みを行っている不動産屋です。

ブログにて、社長自ら下記を宣言しています。

リネシス社長

私たちは「真のダイバーシティ企業」に向かってLGBTフレンドリー企業になります!

また、リネシスはLGBTに対してALLY(アライ)であることも公言しているほど信頼できる企業です。

リネシス公式ホームページ

Samariya (サマリヤ)

サマリヤは、LGBTsの方が「当たり前のサービスを当たり前に受けられる社会」を目指している企業です。

また「LGBTs専門の不動産屋」と公言しているほど、マイノリティの方のお部屋探しを全面的にサポートしています。

実際にマイノリティの方にお部屋を紹介した実績も豊富で、信頼できる不動産屋です。

サマリヤ公式ホームページ

LGBTフレンドリーな不動産屋を利用してストレスなく物件探しをしよう

こういったLGBTフレンドリーな不動産屋を利用することで「自分たちのセクシャリティーを隠さないといけない」というストレスもなく、自分が探している物件を素早く見つけることができます。

ただ、そういった不動産屋を使うのもいいですが、実際近くに相談できるLGBTフレンドリーな不動産屋がないという方は、下記記事でも「同性カップルが賃貸物件を探す方法」を紹介していますので、そちらも参考にして下さい。