ゲイ脱毛

【ゲイ男性必見】ワキ毛が濃くなる原因と処理をするべき理由

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ
  • ワキ毛がすごく濃い人もいれば、すごく薄い人もいるのはどうして?
  • ワキ毛って処理した方がいいのかな?

このように誰にでも生えるワキ毛ですが、その濃さゆえに疑問を抱く方も少なくありません。

また、男性にはワキ毛があることが普通と考える方が多く、全く処理をしていない人が多いですが、実はこれNGなんです。

そこでこの記事では、意外と知られていないワキ毛が濃くなる原因と処理をするべき理由をご紹介します。

ワキ毛が濃くなる原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

ワキ毛が濃くなる原因の1つ目は「ホルモンバランスの乱れ」で、特に下記のような4つの習慣がホルモンバランスを乱れさせる大きな原因と言われています。

過度なストレス
ストレスが多くなると自律神経が乱れ男性ホルモンがたくさん分泌されるようになるため、それに伴い毛も濃くなります。

睡眠不足
睡眠不足も自律神経を乱しホルモンバランスを崩してしまう原因です。寝る直前にスマホやパソコンの画面を見てしまうと、そこから出る光により睡眠の質が低下するので注意しましょう。

体の冷え
体が冷えていると女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンの影響が強く出て毛深くなりやすいです。よく寒い国の人は毛深いと言われますが、これは理にかなっていますよね。

喫煙
タバコには女性ホルモンの生成に必要な酵素を抑制する作用があり、男性ホルモンが強くなり毛が濃くなってしまう可能性があります。また、タバコを吸うと血行不良になるため体が冷えやすくなりますので、喫煙は冷えと女性ホルモン低下という両方の面からムダ毛を濃くしていることになります。

食生活の乱れ

髪の毛以外の体毛は「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が増えることにより濃くなる傾向があります。

食事でもテストステロンの材料となるコレステロールや、生産を促す亜鉛、アリシン、シトルリンなどを過剰に摂取してしまうと、毛が濃くなる可能性があります。

成分 左の成分が多く含まれている食材
コレステロール 卵・赤身肉 (特にレバー)・うなぎ・魚卵
亜鉛 うなぎ・牡蠣・すっぽん・レバー
アリシン ネギ・ニラ・ニンニクなどの香りの強い野菜
シトルリン スイカ・メロンなどのウリ科の食べ物

防御と拡散の目的がある

体毛が濃い薄いや男性女性に関わらず、ワキに毛が生えてくるのは不思議ですよね?

男女共にワキ毛が濃くなる原因として、ワキは他のパーツに比べ皮膚が薄いため、毛を集中させて守る必要があったのではないかと言われています。

そのため、ワキ毛には腕を動かす時におこる摩擦を軽減する役目や、フェロモンを分泌する役割があるともいわれています。

遺伝による影響

これは男性に限ってのことではありませんが、遺伝も毛が濃くなる原因の1つです。

父親か母親、あるいはその両方が毛深い場合は子供に遺伝することがわかっています。

また、両親の体毛が薄くても、祖父母に体毛が濃い方がいる場合、隔世遺伝によって毛深くなる可能性があります。

さらに、生まれつき毛が薄い方でも、特に思春期の頃はホルモンバランスが乱れやすく、成長するにつれ体毛が濃くなる方もいます。

ワキ毛処理をするべき理由とは?

見た目が良くなる

ワキ毛を処理する最大のメリットは、なんと言っても見た目が綺麗になることです。

ワキに関わらず、毛がボーボーに生えていると汚らしく見えてしまい、不潔でだらしない印象を与えてしまいます。

そんな毛の処理をしていないだけで、相手にマイナスイメージを与えてしまうのはもったいないです。

しっかりと処理をして清潔感をアップさせましょう!

よりファッションを楽しめる

夏などの暖かい季節では、男性も袖の短いTシャツやタンクトップ、ノースリーブなどを着て露出の高い服装をしますよね。

そんなときにワキから毛がはみ出ていたらどうでしょうか?

必ずと言っていいほど、相手は嫌悪感を抱きます。

デート相手
  • ワキ毛がはみ出すぎて、そっちにばっかり目がいっちゃう
  • 恥ずかしいから隣を歩きたくない

このように思われかねません。

そこで、ワキ毛を処理することによってそんな心配がなくなり、堂々と肌を露出したファッションを楽しむことができるようになるのです。

最近では、袖の短いTシャツやタンクトップ、ノースリーブなどを着ている男性は皆ワキ毛を処理していると言っても過言ではないほど、皆さんが気にしているポイントです。

ワキガになりやすい

人間の汗を作る汗腺には、2種類のものがあります。

エクリン腺:全身にある
エクリン腺で生成された汗は、99%が水分でできているため、サラサラとしているのが特徴的です。

アポクリン腺:脇の下や陰部、耳にある
アポクリン腺で生成された汗は、タンパク質や脂質を含んでいるため、ベタッとしているのが特徴的です。

このアポクリン腺で生成された汗が、細菌を分解する際に強い臭いを発することが原因で、ワキガが発生するのです。

また、ワキ毛が濃い人や太い方は、ワキの毛穴が発達している場合が多く、ワキの毛穴が発達していると当然アポクリン腺も同じように発達しているため、ワキガの原因となる汗をかきやすくなります。

なので、こまめに処理をして通気性を保つようにしておきましょう。

ムレや臭いが軽減される

ワキガほどではなくても、ワキ毛があるのとないのとでは臭いの発生度合いが違ってきます。

あなた

会ったばっかりなのに、かなりワキ汗をかいてるし臭いがすごくて一瞬で萎えた。

初デートでこんな経験をしたことがある方も多いはず!

特にワキ毛が長いと、その分蒸れやすく臭いも染み付きやすいので、夏などの暑い季節は特に脱毛される方が多いです。

ワキ毛に対する世の中の意見

悩んでいるゲイ
  • ワキ毛がボーボーでも普通じゃない?
  • ワキ毛が生えてて嫌がられることってあるの?
  • 処理したほうがいいの?

と気になる方も多いはず!

そこで、ワキ毛に対する世の中の意見を見てみましょう。

「ボーボーでも気にならない」という意見も多いですが、それを超えるほど多かったのが「必要以上にはみ出ていなければ」という意見でした。

皆さん、ツルツルまではしなくていいけど、少し処理をしてワキから毛がはみ出さない程度にはして欲しいと思っているようですね。

ベストなワキ毛はこの2種類

短く処理されている

先ほどのアンケート結果からも分かる通り、なんと言っても一番人気なのは、適度に短く処理されたワキ毛です。

袖の短いTシャツやタンクトップを着てもはみ出て見えることはなく、しかし腕をあげれば少し毛が生えている。

そんな絶妙なバランスの毛がたまらないと、ゲイの中では人気なのです。

手間暇はかかりますが、すきバサミや電気シェーバーなどで小まめに処理をするとゲイ受けが良くなります。

完全にツルツル

ワキ毛は処理をしても、サロンなどで脱毛しない限りまたすぐに生えてきます。

「頻繁に短くするのが面倒だ」という方は、ツルツルに脱毛してしまうのがおすすめです。

清潔感が増しますし、夏の暑い日などに出やすい嫌な臭いやムレなどがなくなり快適ですし、なによりボーボーに生えたワキ毛より数倍マシです。

ワキ毛の正しい処理・脱毛方法とは?

悩んでいるゲイ

ワキ毛を処理した方がいいことは分かったけど、どうやって処理するのが一番いいのかな?

自宅での処理は、自分でできるのが最大のメリットで、脱毛サロンのように面倒なことがありません。

しかし、生えてくる毛の量自体を減らすことができないので、一生処理をし続ける必要があります。

また逆に、脱毛サロンに通えば肌を傷つける心配がなく、なんといってもワキ毛を減毛することができるので、長い目で見れば自宅での自己処理より断然お得です。

しかし、費用がかかったり、定期的に通わないといけないなどのデメリットがあります。

このように各処理にはメリット・デメリットが存在します。

そこで、下記の記事ではワキ毛の正しい処理・脱毛方法をご紹介していますので、ワキ毛処理に悩んでいる方はご覧ください。

【関連記事】・ワキ毛の正しい処理・脱毛方法

【まとめ】ほどよいワキ毛はゲイにモテる

最後にもう一度、ワキ毛が濃くなる原因と処理をするべき理由をまとめてみました。

ワキ毛が濃くなる理由

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 防御と拡散の目的がある
  • 遺伝による影響

処理をするべき理由

  • 見た目が良くなる
  • よりファッションを楽しめる
  • ワキガになりやすい
  • ムレや臭いが軽減される

ホルモンバランスや食生活の乱れでワキ毛が濃くなるというのは、知らなかった方も多いのではないでしょうか?

また、一昔前までは「男はワキ毛が生えていて当たり前」という風習でしたが、現在ではワキ毛がボーボーだと「汚らしい」「不潔だ」などと思われる時代です。

夏など、特に肌を露出することが多くなる季節では、ワキ毛がはみ出て見えるなんてことがないように、日頃からしっかり処理しておきたいですよね。

【関連記事】・ゲイにおすすめする人気のメンズ脱毛サロン5選