ゲイライフ

ゲイ男性が初デート後にするべきことはたった2つ【2回目のデートに繋がります】

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ

初デートが終わったんだけど、2回目のデートに繋げるために何をしたらいいのかな?

このように初デート後の対応でお悩みの方も多いはず。

初デートが終わったからと言って気を抜いてはいけません。

初デート直後にアクションがあるかないかで、あなたの印象は随分と違ってきます。

そこでこの記事では、2回目のデートに繋がる確率をグンッと上げる、初デート後の対応についてお話をします。

ゲイ男性が初デート後にするべきことはたった2つ

お礼のメッセージ

まずは「会ってくれてありがとう」というお礼のメッセージを送りましょう。

特に初デートはお互い緊張しており、別れた後は「相手が自分のことをどう思ったのか」ということで頭がいっぱいになっているはずです。

そんなときに、お礼のメッセージを送ることによって…

デート相手

楽しんでくれたんだ!よかったぁ〜。

と相手を安心させることができる上、お互いの関係がより親密なものになり、2回目のデートの約束も取りやすくなるのです。

しかし、ただ単に「今日はありがとう」と伝えるだけでは特別なものになりません。

そこでどんな内容が好まれるのか、いくつか例を交えてご紹介します。

良い印象を抱いてもらえるお礼のメッセージとは?

相手がしてくれたことに対してのお礼

初デートで何をするのか決めてくれたり、カフェやレストランを予約してくれたり、また食事の支払いを済ませてくれたり、相手があなたにしてくれたことを交えながらメッセージを送りましょう。

モテるゲイ

【メッセージの例】
○○君が予約してくれたおすすめのカフェすごい素敵だった。
レストランの食事代払ってくれてありがとう。今度は僕がご馳走するね。

具体的にデートのどこがよかったかを伝える

特に印象深いデートであった場合は、できるだけ具体的な感想を送ることで相手も喜んでくれます。

また、あなたの好みや嗜好が伝われば、相手もその後のデートプランが立てやすくなります。

逆に相手の好みや趣味を知ることにも繋がるため、具体的な感想を伝えることが効果的です。

モテるゲイ

【メッセージの例】
・○○君の話はすごく面白くて、気がついたら何時間もずっと話してしまってた!
・今日予約してくれたカフェは僕がすごく好きなタイプのカフェだった!

相手を気遣う内容

相手を気遣う気持ちを見せることで、「この人は自分のことを大切にしてくれているんだ」と感じさせることができます。

特に歳が離れていたり、多少距離感のある初デートだった場合、自分が楽しかったことは二言目以降のやりとりにして、まずは相手を気遣うメッセージを送りましょう。

モテるゲイ

【メッセージの例】
・明日も仕事で朝早いのに、遅くまで一緒にいてくれてありがとう!
・遅くなっちゃったから気をつけて帰ってね!

送るべきでない内容とは?

また、逆に送るべきでないメッセージは下記のような内容のものです。

初デート直後には避けるべき内容

・スクロールが必要な長文のメッセージ
・「今日の天気微妙だったね」などのネガティブな内容
・スタンプだけでお礼を伝える
・明らかに社交辞令なそっけない内容

これらの内容は、相手に面倒臭さを与えたりネガティブな印象を抱かれる場合が多いので、避けるようにしましょう。

また、お礼のメッセージは内容だけでなくタイミングも大切です。

ベストな連絡のタイミングはいつ?

初デート後、いつお礼のメッセージを送れば効果的なのでしょうか?

【ベストタイミング①】バイバイをした後すぐ

別れた後、すぐにメッセージを送ることで「僕はあなたに興味があります」という気持ちを伝えることができます。

また、あなたから先にメッセージを送ることで、相手に脈ありだなと感じさせることもできるのです。

【ベストタイミング②】相手がちょうど家に着く

別れ際に、「家までどのくらいかかりそう?」とさりげなく聞いておき、その時間帯を狙ってメッセージするのがベストです。

自宅でゆっくりメッセージを読めれば、楽しかったデートを振り返ることができ、落ち着いて返信を考えることもできます。

【ベストタイミング③】自分が帰宅して落ち着いたタイミング

ガヤガヤした出先や、デート帰りの電車の中ではメッセージに集中できませんし、それは相手も同じです。

なので、お互いが家に着いて落ち着いたタイミングでメッセージをするのもベストだと言えます。

もし、相手からメッセージがきたとしても、自宅なら間髪入れずに返信もできますよね。

「家に着いたら連絡して!」はNGです!

よく、デート相手が無事に家に着いたか知るために、別れ際「家に着いたら連絡して!」という方がいますが、これは完全にNGです。

相手から連絡しないといけないという、ある種のプレッシャーを感じさせ、「家に着いたらメッセージを送らないといけない」というタスクを与えられた感覚になるのです。

なので、逆に「家に着いたら連絡するね」とあなたの方から相手に連絡をするという意思表示をしておくと、相手はプレッシャーを感じることなく、あなたのメッセージを待っていてくれるでしょう。

また、あなたから「連絡するね」と言っておいたにも関わらず、相手から先に連絡がきた場合は脈ありな証拠です。

そのまま一気に2回目のデートの提案を持ちかけましょう!

2回目のデートの提案

お互いに楽しいデートができたなら、自然と次に行きたい場所が思い浮かぶものです。

また、すぐに次のデートの話題が出るというのは、相手にとっても嬉しいもの。

特に、具体的に次のデートで行きたい場所が決まっている場合は、素直にそのことを伝えてみましょう。

具体的な誘い方

コツは「さりげなく」と「日付を決めない」ことです。

さりげなく誘う

初デートで話した内容や相手の好みなどを交えながら、それにリンクするように誘い文句を送りましょう。

モテるゲイ

【メッセージの例】
・今度は、今日○○君が話してくれたおすすめのカフェに行かない?
・○○君もハイキングが好きって知らなかった!今度一緒に○○山に行こうよ!

日程を決めない

これはよくありがちなミスです。

初デートですっかり相手のことが好きになり、早く2回目のデートをしたいと思うあまり、日程を決めたがる人が多いです。

モテないゲイ

【良くない例】
・次は今日カフェで話してた遊園地に行きましょう!いつ空いてますか?
・今度は僕がおすすめのレストランを予約しますね!いつがいいですか?

このように、焦って日程を決めようとしてはダメです。

相手はまだ、初デートの余韻に浸っていたいかもしれません。

そんなときに次のデートはいつにするのか日程を迫られたら、相手は圧迫感を感じてしまいます。

なので、まずはさりげなく誘いの内容を入れて、相手が日程を聞いてくるまで待ちましょう!

【まとめ】初デート直後の連絡が2回目のデートに繋がる

いかがでしたでしょうか?

意外と初デートを終えた後、メッセージを送らずそのまま次の日以降に連絡をする人が多いです。

しかし、初デートで与えた印象をもっと良いものにするためには、初デート後その日中にメッセージをする事が重要です。

もう一度、どんなメッセージをすればいいのか下記にまとめてみました。

お礼のメッセージ
・相手がしてくれたことに対してのお礼
・具体的にデートのどこがよかったかを伝える
・相手を気遣う内容

2回目のデートの提案
・さりげなく誘いの内容を入れる
・日程は聞かない

このような初デート後の連絡をするかしないかで、相手が受けとるあなたの印象は随分と変わってきます。

楽しかったら楽しかったこと、また会いたいならその気持ちを伝えるようにしましょう!

逆に、メッセージでは手応えがあったのに、初デートであまり好意を抱かれなかった場合は、デート直前の準備やデート中のあなたの態度が良くなかった可能性があります。

下記の記事では、デート前やデート中に注意するべきことをまとめましたので、合わせてご覧ください。