ゲイ脱毛

【ゲイ男性必見】乳首に毛が生える原因と処理をするべき理由

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ
  • どうして乳首に毛が生えるのかな?
  • 乳首の毛って脱毛したほうがいいの?

このようにお悩みの方も多いはず。

また、悩みがあったとしても「乳首に毛が生えているなんて知られるのは恥ずかしい」と思い、相談できない人がほとんどです。

そこでこの記事では、意外と知られていない乳首に毛が生える原因と、ゲイ男性が乳首の毛を処理をするべき理由をご紹介します。

乳首に毛が生える原因とは?

男性ホルモンの影響

乳首の毛が生える原因の1つ目は「男性ホルモンの影響」です。

特に下記のような4つの習慣がホルモンバランスを乱れさせ、男性ホルモンが強く出てしまうことによって、乳首にも毛が生えてくるようになるのです。

過度なストレス
ストレスが多くなると自律神経が乱れ男性ホルモンがたくさん分泌されるようになるため、それに伴い毛も濃くなります。

睡眠不足
睡眠不足も自律神経を乱しホルモンバランスを崩してしまう原因です。寝る直前にスマホやパソコンの画面を見てしまうと、そこから出る光により睡眠の質が低下するので注意しましょう。

体の冷え
体が冷えていると女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンの影響が強く出て毛深くなりやすいです。よく寒い国の人は毛深いと言われますが、これは理にかなっていますよね。

喫煙
タバコには女性ホルモンの生成に必要な酵素を抑制する作用があり、男性ホルモンが強くなり毛が濃くなってしまう可能性があります。また、タバコを吸うと血行不良になるため体が冷えやすくなりますので、喫煙は冷えと女性ホルモン低下という両方の面からムダ毛を濃くしていることになります。

特に思春期の頃は、男性ホルモンの影響を受けやすいので、学生などで毛の濃い方は一旦自分の生活習慣を見直すといいかもしれません。

遺伝による影響

遺伝も毛が濃くなる原因の1つです。

父親か母親、あるいはその両方が毛深い場合は子供に遺伝することがわかっています。

また、両親の体毛が薄くても、祖父母に体毛が濃い方がいる場合、隔世遺伝によって毛深くなる可能性もあります。

さらに、生まれつき毛が薄い方でも、先ほど挙げたようにホルモンバランスが乱れやすいと、成長するにつれ体毛が濃くなる人が多いです。

食生活の乱れ

髪の毛以外の体毛は「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が増えることにより濃くなる傾向があります。

食事でもテストステロンの材料となるコレステロールや、生産を促す亜鉛、アリシン、シトルリンなどを過剰に摂取してしまうと、毛が濃くなる可能性があります。

成分 左の成分が多く含まれている食材
コレステロール 卵・赤身肉 (特にレバー)・うなぎ・魚卵
亜鉛 うなぎ・牡蠣・すっぽん・レバー
アリシン ネギ・ニラ・ニンニクなどの香りの強い野菜
シトルリン スイカ・メロンなどのウリ科の食べ物

ゲイ男性が乳首の毛を処理をするべき理由とは?

見た目が良くなる

温泉やプール、海水浴に行って裸になったときに注目を集める体のパーツが「乳首」です。

そんな時に長いボーボーの毛が乳首にあったらどうでしょう?

デート相手

一緒に時間を過ごすのも恥ずかしくなる。

とこのように思われかねません。

せっかくの楽しい時間が、恥ずかしさで半減しないように、また相手がどう思うかという配慮も考えて、処理しておく方が無難と言えます。

性行為の感度が増す

乳首は体のパーツの中でも特に敏感な場所で、セックスの際に乳首を攻められると感じる方や、逆に攻めるのが好きな方も多いのではないでしょうか?

そんな乳首に毛が生えているということは、あなたの肌と相手の肌を毛が邪魔しているということです。

なので単純に、その邪魔をしている毛をなくしてしまえば感度も上がるのです。

乳首の毛を処理することによって清潔感が出るだけでなく、セックス自体の感度も爆上がりします。

乳首の毛に対する世の中の意見

悩んでいるゲイ
  • 乳首の毛が生えているせいで嫌われないか?
  • ゲイにも乳首の毛は印象が悪いのか?
  • やっぱり脱毛すべきなのか?

と気になる方も多いはず!

乳首の毛は裸にならない限り見ることがないので、相手がどのくらい毛深いのかなんて分かりませんし、乳首の毛の話なんて滅多にしないですよね。

そこで、乳首の毛に対する世の中の意見を見てみましょう。

やはり、長い乳首の毛は不潔な印象を与えてしまうためNGと感じる方が多いですね。

「生えてても気にならない」と言った意見もありますが、基本は「処理されてればいい」「常にツルツルにしていて欲しい」と思っている方が多いようです。

全く処理をしていない人は、何かしらの処理・脱毛はした方が良さそうですね。

乳首の毛の正しい処理・脱毛方法とは?

悩んでいるゲイ

乳首の毛を処理した方がいいことは分かったけど、どうやって処理するのが一番いいのかな?

自宅での処理は、自分でできるのが最大のメリットで、脱毛サロンのように面倒なことがありません。

しかし、生えてくる毛の量自体を減らすことができないので、一生処理をし続ける必要があります。

また逆に、脱毛サロンに通えば肌を傷つける心配がなく、なんといっても乳首の毛をなくしてしまうことができるので、長い目で見れば自宅での自己処理より断然お得です。

しかし、費用がかかったり、定期的に通わないといけないなどのデメリットがあります。

このように各処理にはメリット・デメリットが存在します。

そこで、下記の記事では乳首の毛の正しい処理・脱毛方法をご紹介していますので、処理に悩んでいる方はご覧ください。

【関連記事】・乳首の毛の正しい処理・脱毛方法

【まとめ】毛のない乳首はゲイにモテる

最後にもう一度、乳首の毛が生える原因と処理をするべき理由をまとめてみました。

乳首に毛が生える理由

  • 男性ホルモンの影響
  • 遺伝による影響
  • 食生活の乱れ

処理するべき理由

  • 見た目が良くなる
  • 性行為の感度が増す

単純に”勝負”のときに乳首の毛がボーボーだと感度が下がる以前に、ちょっと気が引けてしまいます。

また、せっかく”勝負”まで持ち込めたのに、乳首の毛が原因でマイナスイメージを持たれては、元も子もないですよね。

そんなことにならないためにも、日頃から乳首の毛は処理しておきましょう!

【関連記事】・ゲイにおすすめする人気のメンズ脱毛サロン5選