マッチングアプリ

【男性向け】マッチングアプリでのプロフィールの書き方!女性にモテるコツ

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

あなた

どうせ人気会員になるにはイケメンとか高収入じゃないと無理なんでしょ?自分はそんなタイプでもないから出会いなんてないよ。

マッチングアプリを始めたけど、なかなかマッチングしなかったりメッセージがもらえなくて、このように考えている方も多いのではないでしょうか?

それは全くの誤りです。

努力や工夫次第で、誰でも人気会員になれることができるのです。

特にプロフィールは写真の次に重要になる項目で、プロフィールがモテ度合いを左右すると言っても過言ではありません。

そこで今回はマッチングアプリでモテる、男性向けのプロフィールの作り方をご紹介します。

【男性向け】マッチングアプリでのプロフィールの書き方!女性にモテるコツ

自己紹介文は400字が目安

まず、自己紹介文は「1スクロールで画面に収まる文章量」が理想です。

自己紹介文は短すぎると情報不足であなたのことがよく分からないですし、真剣度が伝わってこず、「遊びで登録しているのかも」という悪い印象を与えてしまいます。

逆に長すぎると読むのが面倒と感じたり、「こだわりが強そう」と思われてしまう可能性があります。

また、自分の情報を箇条書きでただ羅列しているだけの人がいますが、これもNGです。

自己紹介文は短すぎず長すぎない文章量で、相手に話しかけているよう心がけ、約400字ほどで書くのが理想です。

改行が一切なく文字が詰まっている文章だと、これも長すぎるのと感じてしまうので、見栄えや印象の良い読みやすいプロフィール文を作ることが大切です。

テンプレをそのままコピペするのはNG

マッチングアプリ内にあるテンプレをそのまま使えば、簡単にプロフィール文を作成することができますが、完全にコピペするのはおすすめできません。

テンプレで作られた文章はつまらなく、真剣さが薄れてしまうからです。

なので、人気会員は必ず自分の言葉で自己紹介文を作っています。

誠実で安全な人をアピール

アプリを通して誰かに会うということは、誰もが不安を抱いていることです。

それは会うまで、相手の顔、相手の性格、どういう人なのかが面と向かって把握できないからです。

そんなマッチングアプリを通して実際に出会うためには「誠実さ」「真剣さ」をしっかりとアピールすることが大切です。

なので、少しでもプロフィールで相手の不安を取り除く必要があります。

誠実で安全な人をアピールするコツ

  • 終始敬語で自己紹介をする
  • プロフィールの最初で挨拶をする
  • 「メールは必ず返信します」などで締める

この中で最も基本的で大切なポイントは「敬語で書くこと」です。

終始敬語で話すことで、よりあなたの誠実さ・真剣さをアピールすることができ、すごく印象が変わります。

プロフィール詳細情報は90%以上入力する

プロフィール詳細は基本全部埋める気で、なるべく多く入力することで下記のメリットがあります。

  • あなたの誠実さや真剣さをアピールできる
  • あなたの人柄や中身を伝えることができる
  • 共通点を見つけやすく親近感がわく

ここでは、入力に迷いがちな7つの項目について解説します。

タバコ

タバコは男性も女性も「吸わない人」の方が圧倒的にモテます。

かと言って、吸うのに吸わないと設定してしまうと、後々自分の首を絞めることになるので、喫煙者は「未入力」が無難です。

ニックネーム

ニックネームはイニシャルを設定している方が多いですが、相手が呼びやすい名前に変えた方がメッセージでのも会話が弾みますし、親近感が湧くのでしっかり設定しましょう。

学校名

学校名まで載せてしまうと、あなたの地元が限定されてしまったり、学校のレベルによってあなたの学歴まで推測されかねません。

なので、学校名は「未入力」にしておくのが無難です。

結婚について

絶対にNGなのは「今のところ結婚は考えていない」「分からない」「未入力」の3つです。

これらの回答は女性に

女性
  • 長い付き合いは探してないのかな?
  • 遊びだけの関係を探しているのかな?

などと思わせてしまいます。

結婚相手を探していなかったとしても「良い人がいれば」くらいに設定しておきましょう。

そうすれば結婚したい人からも、結婚を考えていない人からもターゲットにしてもらえます。

趣味

趣味について意識すべきポイントは3つです。

  • 自己紹介文で書いた趣味の内容と矛盾のないようにする
  • コミュニティの「趣味」と矛盾のないようにする
  • できる限り女性ウケのいい趣味を選ぶ

これらを意識して設定すると女性に好印象です。

また、全くやっていないことを書くのは嘘になるのでマイナス効果になってしまいますが、ちょっとかじっている、もしくは今挑戦中というものはどんどん書くようにしましょう。

ただし女性ウケの良い趣味と悪い趣味を見分ける必要があります。

女性ウケの良い趣味 ゴルフ / 映画鑑賞 / 音楽 / 国内・海外旅行 / ドライブ / 美味しいもの巡り / 筋トレ / ジムなど
女性ウケの悪い趣味 ギャンブル / 麻雀 / 競馬 / アイドル / アニメ / フィギアなど

見て頂ければ分かる通り、ギャンブル系、オタク系はあまり良いとされていません。

もしギャンブルも好きだし、アニメも良くみるという方でも、出会いのチャンスを広げるためにまずは書かずにプロフィールを作成した方がいいかもしれません。

出会うまでの希望

「マッチング後にまずは会いたい」と設定している男性が多いですが、これはあまり良くありません。

女性

結局ヤリモクなの?

という印象を与えてしまいます。

「マッチング後にまずは会いたい」と設定したところで、すぐに会えない場合がほとんどですので「気が合えば会いたい」くらいに設定しておきましょう。

コミュニティに10個ほど入る

ペアーズなどのマッチングアプリではお互いの趣味や関心ごと、価値観を簡単に確認できるように「コミュニティ」という機能があります。

例えば「映画好き」「旅行好き」「手繋ぎデートが好き」など、コミュニティには10個ほど入っておきましょう。

男女ともに共通点が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなります。

ただ、20個30個と異なったトピックのコミュニティに入りすぎると

相手
  • この人は一体どんなことが好きなの?
  • 色んなことに目移りするタイプなのかな?

このように逆効果になってしまう可能性があるので、トピックが似たようなコミュニティ10個前後に入るようにしておきましょう。

コミュニティの選び方

コミュニティは、同じジャンルでも似たようなコミュニティが沢山存在します。

例えば映画がテーマのコミュニティでも「映画が好き」「洋画好き」などがあります。

なので、どれに入ればいいのか迷う方も多いですが、迷ったら以下のポイントで選ぶと良いです。

コミュニティの選び方

  • 大前提:自分の共感できるコミュニティ
  • 人数の多い人気のコミュニティ
  • 女性の多い、または男女比の整ったコミュニティ
  • 客観的に女性ウケの良いコミュニティ

多少盛るのはあり

あなた

プロフィールはちょっとくらい盛ってもいいんじゃない?

結論を言うとアリです!

特に女性は「身長」や「年収」の条件を厳しく設定している人が多いです。

身長の盛り方

大体の女性は身長を「170cm以上」「175cm以上」で絞って検索している人が多いです。

そのため、あなたがそれ以下の身長だと、条件以下になってしまい検索にヒットさえしなくなってしまいます。

そこで、168cmの人が「175cm」と入力するのは無理がありますが、例えば「170cm」にするなど、1~3cmの範囲であればプロフィールで盛ったところで、実際会っても分からない場合がほとんどです。

年収の盛り方

年収を気にする方は、「500万以上」いなければ「400万以上」「300万以上」と高い基準から探していきます。

年収を100万も200万も盛ってしまうと、後々関係が悪くなってしまうことがありますが、例えば年収380万円で、あと20万円で400万円になるなどという場合は、盛るのも一つの手です。

また、年収に関してはすぐにバレることではないので、多少盛ったところで問題はありません。

入れるべき要素と入れない方がいい要素

プロフィールの書き方が分かったても、書く内容がイマイチだったら元も子もありません。

下記の記事ではマッチングアプリのプロフィールに「取り入れるべき要素」と「取り入れてはいけない要素」をご紹介しています。

【まとめ】あなたのプロフィールがモテるかチェックしましょう

今回はマッチングアプリで女性にモテるプロフィールの書き方をご紹介しました。

最後に、自分のプロフィールがどのくらいモテる要素があるのか、以下のポイントでチェックしてみてください。

このようにモテるプロフィールが設定できていると、マッチング率やメッセージがもらえる確率が以前と比べものにならないくらいに倍増します。

1つのアプリでモテるプロフィールが設定できれば、別のアプリでも試してみましょう。

アプリが違えば、使っているユーザーの年齢層、どういった人が使っているのか、相手はどういった人を探しているのかなど全く違います。

なので、1つのアプリだけを使うのではなく、何個か同時並行で使うのをおすすめします。

「男性が安い料金で女性と確実に出会えるマッチングアプリ」をまとめた記事はこちらから!