ゲイアプリ

ゲイアプリで外国人と出会う【国際恋愛経験者のおすすめ7選】

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

あなた

ゲイの外国人と出会いたいと思ってるけど、今まで9monsters(ナイモン)しか使ったことなくて、しかも地方に住んでるからなかなか外国人と知り合えない。他にどんなアプリを使えば外国人と確実に出会えるんだろう?

などと、地方に住んでいるがゆえになかなか外国人と出会えないと言う方も多いですよね?

今回はそういった疑問にお答えします。

ゲイアプリで外国人と出会う【国際恋愛経験者のおすすめ7選】

日本のゲイアプリ界でトップに君臨している9monsters(ナイモン)。

日本に住んでいる外国人も使ってはいますが、地方に行けば行くほど外国人の数は少なくなって、実際に出会えないのが現状です。

そこで今回は、地方にいても外国人と出会うことのできるアプリをご紹介します。

Blued (ブルード)

Blued(ブルード)は中国発のゲイアプリで、特に中国人や韓国人など、日本人以外のアジア人に出会いたい方には本当におすすめのゲイアプリです。

ユーザー数4900万人以上を誇り、月間アクティブユーザーは600万人以上となり、現在世界で大流行しています。

また、このBlued(ブルード)の特徴として、アプリ内ではニコニコ動画のように動画配信をすることができ、これは他のゲイアプリにはない機能です。

東南アジアやヨーロッパにもおよそ500万人のユーザーがいると言われているので、確実に外国人に出会えるアプリです。

Grindr (グラインダー)

ゲイアプリで外国人と出会いたいといえば、このGrindr(グラインダー)と言っても過言ではないほど、外国人が使っているゲイアプリです。

欧米を中心に、世界で1000万人以上のゲイの方が利用しており、出会いを目的としたゲイアプリの原点とも言われています。

不安な人

でもGrindr(グラインダー)って遊び目的な人が使っているアプリでしょ?

とも言われるくらい、ヤリモクな人が多いゲイアプリでもあります。

なので、真剣な恋愛を探している人にはあまりおすすめはできませんが、他のゲイアプリに比べると、外国人に出会える確率はダントツで1位です。

ただ、ヤリモクな人が多いと言っても、中にはもちろん真剣な恋愛を探している外国人もいます。

Tinder (ティンダー)

Tinder(ティンダー)は、日本でまだあまり知られていませんが、海外では定番のマッチングアプリです。

なので、日本に住んでいる外国人も、旅行で日本を訪れている外国人も、このアプリを使っている人が多いです。

マッチングしないとメッセージが送れないので、興味のない相手からはメッセージが来ません。

また、Instagramと連携もできるので、相手がプロフィールにリンクを設定している場合は、プロフィール写真だけではなく、もっと沢山の写真を見ることができます。

マッチングをしないとメッセージを送ることはできませんが、それゆえに先ほどのGrindr(グラインダー)よりも真剣な交際を探している人が多い印象です。

基本的にノンケ(ストレート)の人向けアプリとして知られている場合が多いですが、恋愛対象を「男性」に設定すれば、ゲイの外国人とも出会うことができ、実際ゲイの使用率も高いです。

match.com (マッチドットコム)

match.com(マッチドットコム)も、ストレートの方向けのマッチングアプリとして有名ですが、Tinder(ティンダー)と同じように恋愛対象を「男性」に設定することでゲイの方と出会うことができます。

ただ、ストレートの方向けに作られたアプリになるので、他のゲイアプリに比べるとゲイの数が全体的に少ない印象はあります。

しかし、ヤリモクや友達を探している人ではなく、真剣な交際を探している人が多いのが特徴的です。

なので、match.com(マッチドットコムに)登録しているゲイ男性は、他のゲイアプリではなかなか見かけない顔触れが多いです。

まずは無料登録で試してみて「どうしてもこの人とメッセージがしたい!」という人が現れたら、有料会員になって話しかけるというのも、外国人と真剣な出会いを探す一つの方法です。

JACK’D (ジャックド)

JACK’D(ジャックド)も海外のアプリで、外国人が多数使っているのが印象的です。

また、ゲイアプリの中でも10代や学生などの若い層が使っているイメージがあり、若い方を探している人にはぴったりです。

GrindrやTinderよりかは外国人数は少ないかもしれませんが、日本人に人気の9monsters(ナイモン)に比べれば、圧倒時に外国人と出会えます。

トーク機能以外に「マッチング機能」というものがあり、ランダムでユーザーが表示され、気に入るかそうでないかを選択します。

もし相手も気に入った場合、マッチングが成功し、お互いのもとにその知らせが届くので、自分からメッセージするのはちょっと苦手という方はこの機能を利用しましょう。

Hornet (ホーネット)

Hornet(ホーネット)も、日本での知名度はまだまだ低いですが、最近少しずつ話題になっているゲイアプリです。

外国人ユーザーが非常に多いという点ではGrindrやJack’dと共通していますが、Hornet(ホーネット)の方がフォロー機能やタイムライン機能など、よりSNS感覚が強いゲイアプリです。

ナイモンやGrindrを使っていると「いつも同じ顔触れだ」という場合がありますが、Hornet(ホーネット)をメインで使っている外国人も多いので、また違った顔触れに出会えるかもしれません。

9monsters(ナインモンスターズ)

今まで外国人に出会えるゲイアプリをご紹介してきましたが、なんと言っても日本人に人気なのは9monsters(ナインモンスターズ)です。

また、日本人に人気ということもあって、このナイモンに登録している外国人は、アジア人好きや和専(日本人が好きな外国人)も多いです。

なので、日本語が話せる外国人ユーザーも多くいます。

不安な人

Grindr(グラインダー)やTinder(ティンダー)みたいな海外産のゲイアプリを使う方が、より外国人と出会えるのは分かったけど、突然英語でメッセージされても、英語は話せないから結局意味ないかなぁ…

などという方は、まずはこのゲイアプリで外国人と出会うのもありです。

また、地方であっても意外と外国人と出会えるのがナイモンのん特徴です。

外国人との真剣な出会いを求めるならこれ

日々ゲイアプリを使っていて、あなたは真剣な出会いだけを探しているけど、いつもヤリモクの人にであったり、一度デートして音信不通になったり、なかなか真剣な交際までに発展しないという方も多いのではないでしょうか?

実はそれは、あなたのやりとりが悪いのではなく、そもそもあなたとあなたが使っているゲイアプリの相性が悪いのかもしれません。

そこで、下記記事で「ゲイアプリで真剣な出会いを見つけることができるアプリ」を厳選してみました。

モア像

今まで数年に渡り、ゲイアプリを使ってきたモア像が厳選したので間違いはありません!

ゲイの外国人が使っている英語のスラング

相手が外国人となると、プロフィールは英語で書かれている場合が多いです。

あなた

プロフィールで使われている英語のスラングが全く分からない。

という方も多いですよね?

どんなスラングが使われているのか、また注意点などは下記の記事でご紹介をしていますのでご覧下さい。

ゲイの外国人と出会いたいならこれらのアプリを積極的に使おう

ゲイの外国人に確実に出会えるゲイアプリをご紹介ました。

  • Grindr → 外国人に出会える確率はダントツ1位ですが、ヤリモクな人が多い。
  • Tinder → 外国人には超有名なマッチングアプリで、マッチングしないとメッセージができないので興味のない人からメッセージはこない。
  • match.com→ ストレートの方向けに作られたアプリですが恋愛対象を「男性」に設定することができ、他のゲイアプリではなかなか見かけない顔触れが多い。
  • JACK’D → 若い世代の外国人と出会いたい方におすすめ。
  • Hornet → 外国人ユーザーが非常に多くSNS感覚が強いゲイアプリ。
  • Blued → 中国人や、日本人以外のアジア人に出会いたい方に超おすすめのゲイアプリ 。
  • 9monsters → アジア人好きや和専(日本人が好きな外国人)が多いので、他のゲイアプリに比べて日本語を話せる外国人ユーザーが多い。

上記のように、各ゲイアプリの特徴を把握すれば、あなたがどんな外国人と出会いたいのか、またどのゲイアプリを使うべきかが分かります。

自分の目的に合うアプリを選んで、まずは英語が話せないからと怖がらずに使ってみましょう。

ゲイアプリで好みの相手と出会うためには、プロフィールやメッセージの内容も重要です。

下記の記事も参考にして頂き、アプリを上手く使いこなして、出会いのチャンスをゲットしましょう!