ゲイ脱毛

青髭になってしまうゲイがしている髭剃りの間違った方法とは?

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ

青髭になるのは髭を何度も剃っているからでしょ?

と思っている方が多いのではないでしょうか?

青髭になってしまう原因は、実は髭を何度も剃ってしまっているからだけではありません。

髭を剃る前の前準備・カミソリやシェーバーの使い方・アフターケアなど、沢山のことが関わっており、しっかりと正しい処理が行えていれば、たとえ何度も髭剃りをしても青髭になりにくいです。

そこでこの記事では、意外と知られていない青髭になってしまう方がしている髭剃りの間違った方法をご紹介します。

青髭になる髭剃りの間違った方法とは?

髭剃り前の準備段階で間違っている

間違った処理をしているゲイ

水道の蛇口をひねって水をジャー、顔に水をパシャパシャ、その後すぐ髭剃り開始!

なんて方法で髭剃りをしていませんか?

毛穴を広げることもせず、いきなり髭剃りをしてしまうと肌が傷みやすく、青髭にもなりやすいです。

なので、下記のようにしっかりと手順を踏むようにしましょう!

【髭剃り前の正しい準備】

  1. 顔を”ぬるま湯”で洗い、毛を湿らせ柔らかくする
  2. シェービングフォームを塗る
  3. 軽くカミソリを当て、毛の生えている方向に優しく剃っていく

また、少しでも肌に摩擦が生じないよう、大きなダメージを与えてしまわないよう、必ずシェービングクリームを使用するようにしましょう!

安いカミソリ・シェーバーを使っている

いくら慎重に処理をしたからと言っても、数百円で売っている品質の悪い安すぎるカミソリやシェーバーを使ってしまうと、剃り残しや肌荒れを起こし青髭を作りかねません。

なので、下記のような質の高いカミソリやシェーバーを使うようにしましょう!

カミソリ・シェーバーを洗っていない

現在使っているカミソリやシェーバーの刃を、一度見てみてください。

剃り落とされた髭やシェービングクリームが、刃にはさまってはいないでしょうか?

また、水でパパッと洗っただけではきちんと取り除かれていないことが多いです。

そんな状態で髭を剃ってしまうと、剃り残しが起きるだけでなく、肌に傷をつけ青髭の原因となってしまいます。

髭剃り後は、髭やクリームなどが刃の間に残らないように洗えるものはしっかり洗い、水洗いできないものは髭やクリームを取り除いた後、ミニブラシなどで隅々まできれいに掃除することをおすすめします。

肌に刃を押し付けすぎている

できるだけ深く毛を剃りたいからと、カミソリの刃を肌に強く押し付けすぎたり、同じ箇所を何度も剃ってはいませんか?

顔の皮膚はあなたが思う以上に薄くデリケートです。

そんなデリケートな肌へ過度にダメージを与えてしまうと、髭はますます濃くなり、青髭ができてしまうのです。

カミソリはあくまでも肌に乗せる程度で、自分の力で無理に剃らずにカミソリに任せましょう。

悩んでいるゲイ

でもそれだと上手く処理できない!

という場合は、カミソリの刃がダメになっているか、あなたの髭の強さに刃が合っていないということなので、刃・カミソリの買い替えを検討しましょう!

毛の流れに逆らって剃っている

間違った処理をしているゲイ

毛の流れに逆らって剃った方がよく剃れるし綺麗に仕上がる。

このように、髭を少しでも深く綺麗に剃ろうと、毛が生えている方向とは逆の向きから髭剃りをしている人が多いです。

しかしこの方法は、肌に髭剃りがひっかかってしまうため、肌をボロボロにする髭剃りの方法で、青髭を作る最も大きな原因とも言えます。

逆剃りの方法は確かによく剃れますし、毛が生えている方向に剃るよりも綺麗に剃れます。

しかし、肌への負担が大きすぎるため、本当に剃りきれなかった部分だけ逆剃りをするようにしましょう!

アフターケアをしない

アイコン名を入力

髭を剃った後は水で洗い流して終わり!

なんて人も多いのではないでしょうか?

いくら正しい方法や手順で髭剃りをしたとしても、肌への負担はゼロではありません。

そんなダメージを与えた肌へのアフターケアを怠ってしまうと、肌荒れを起こし、みるみる青髭へと変化していきます。

なので髭剃りを終えた後は、必ず化粧水やアフターシェーブローションなどで肌の状態を整えてあげるようにしましょう!

また、髭剃り後に一番良いのは、抑毛ローションや抑毛クリームを使うことです。

各商品の説明は次のトピックでご紹介していますので、ご覧ください。

青髭になってしまった時の解消法とは?

抑毛ローションを使う

抑毛ローションは、毛を処理したあとに使うアフターケアとして利用するもので、男性ホルモンの活性化を抑えたり、毛の成長や青髭を抑える効果があると言われています。

最近では、化粧水の代わりに抑毛ローションを使っているゲイの方も多いです。

おすすめ商品

MONOVOヘアアフターシェーブローション

MONOVOヘアアフターシェーブローションは、青髭・濃い体毛・カミソリ負けで悩む方へ向けて開発された抑毛ローションです。

保湿効果はもちろん、ムダ毛の抑毛効果が抜群で「フィリニーブ」と「大豆エキス」が毛根のたんぱく質を弱らせ、毛の成長を抑えます。

ヒアルロン酸とコラーゲンが配合されているので、毛を剃ったあとの乾燥しがちな男性の肌を徹底的にサポートできる商品です。

商品名 MONOVOアフターシェーブローション
価格 5,060円 (税込)定期購入 4,620円 (税込)
容量 120ml (約1ヶ月分)
購入先 公式ホームページはこちら

抑毛クリームを使う

使えば使うほどムダ毛の量を減らし、毛の成長スピードを落とす事ができるのが「抑毛クリーム」です。

一般の脱毛クリームは刺激が強いため、顔には使えないものばかりですが、抑毛クリームなら顔はもちろん、手足や脇、スネなどのデリケートゾーンにも使用可能です。

脱毛サロンに通う

青髭を解消する方法として一番おすすめなのが、なんといってもサロン脱毛をすることです。

サロンで脱毛をすることによって、安全にそして確実に青髭をなくすことができます。

悩んでいるゲイ

どれくらいで青髭が解消されるの?

毛の濃さによって異なりますが、一般的に濃い青髭に悩む方でも3回ほどの施術で効果を実感でき、5~6回の施術で髭の濃さがかなり薄くなり、髭剃りにかける時間もかなり短くなっていくと言われています。

また、最終的に10〜15回程度の施術でほぼ髭がなくなり、青髭もほぼ解消されるでしょう!

真剣に青髭をなくしたいとお考えの方は脱毛サロンに通うことをおすすめします。

【関連記事】・ゲイにおすすめする人気のメンズ脱毛サロン5選

【まとめ】青髭は改善できる!

最後にもう一度、青髭になる髭剃りの間違った方法と解消法をまとめてみました。

【間違った髭剃りの方法】

  • 髭剃り前の準備段階で間違っている
  • 安いカミソリ・シェーバーを使っている
  • カミソリ・シェーバーを洗っていない
  • 肌に刃を押し付けすぎている
  • 毛の流れに逆らって剃っている
  • アフターケアをしない

【青髭解消法】

  • 抑毛ローションを使う
  • 抑毛クリームを使う
  • 脱毛サロンに通う

一度青髭になってしまったからといって落ち込むことはありません。

解決する方法は沢山あります。

青髭に対するコンプレックスを解消するためにも、正しい処理の仕方を知って実践しましょう。

また、自分自身で髭のお手入れに限界を感じたときは、脱毛サロンなどを利用して青髭を正しく処理し、清潔感のあるメンズを目指しましょう!

【関連記事】・ゲイ男性が髭脱毛をするメリットとは?