マッチングアプリ

【マッチングアプリ】モテない人がやっている6つの行動とは?

モテない人

マッチングアプリを使っていてマッチングはするんだけど、なんか初デートに繋がらないんだよなぁ。やっとデートできたとしても2回目まで辿り着けない。どうしたらアプリでモテるようになるの?

今回はこういった疑問にお答えします。

【マッチングアプリ】モテない人がやっている6つの行動とは?

マッチングアプリでは、特に初デートに辿り着くまでが大変。

マッチングをしても長々とメッセージをしていたり、マッチングしてもメッセージすらこないってこともあるのでは?

そこで今回は、これを直せばあなたも必ずアプリでモテる人になる6つのことをお伝えします。

プロフィール写真はトイレで撮った自撮り

モテない人

まぁ別にプロフィール写真は顔さえ分かればなんでもいいかぁ。この前トイレで撮った写真があるからそれにしておこう。

これ、完全にアウトです。初デートどころかマッチングすらしないと思います。

マッチングアプリをしている人が最初に気にして見ているところ、それはあなたの見た目です。

つまりあなたのルックスがいけてるかいけていないか。

それなのにトイレなんかで撮った適当な写真を載せいても誰も興味が湧きません。

適当な人だなぁと思われて終わりです。

なので自分がいかによく映っている写真を選ぶかが大切です。

無ければ今すぐ撮りましょう。

現在のスマートフォンはどれも優れたカメラ機能を持っています。

携帯のカメラ機能がダメならアプリを使ってもいいです。

自分がいかに映える写真をとってプロフィールに載せるかが重要です。

最初のメッセージがクソ

マッチングをして、あなたは相手にメッセージを送りました。

ただこんなメッセージを送っていないですか?

モテない人

マッチングありがとうございます。宜しくお願いします。

もし僕がこのメッセージを受け取ったら…

モア像

それで?

と思ってしまいます。

この後、相手からも「こちらこそありがとうございます。宜しくお願いします。」と返事がくるでしょう。

そこで、あなたがもし考える事がめんどくさい人なら確実にここでメッセージが終わります。

なので、マッチングをした後の「ファーストメッセージ」はかなり大切なものになってきます。

そのファーストメッセージをどのように送るかで、話が繋がっていくか、それとも挨拶だけで終わってしまうのかが決まります。

ではどういったファーストメッセージを送るのが一番いいのか、下記の記事で具体的に話していますので、そちらをご覧ください。

長文や複数回に渡ってのメッセージ

メッセージの仕方は人それぞれです。

気に入った相手とは沢山話したいし、沢山質問してしまうのも分かります。

ただ、めちゃくちゃ長い文章に一言で返事はできないですよね?

ある程度文章を考えて返事をしないといけないことになります。

そうすると…

相手

あぁ〜、○○さんからまた長いメッセージきてる。後でゆっくり考えて送ろう

となってしまい…

1日経ち→2日経ち→今返事するのも遅すぎるし→じゃあもういっか。

などと、結局メッセージが返ってこないという事になります。

なので、これを防ぐには「短すぎず長すぎず」です。

聞かれた事に対して2つも3つも自分の意見を入れるのではなくて、質問には端的に答えて、一つあなたから質問を入れるくらいがちょうどいいと思います。

話を広げようとしない

マッチングアプリでは複数の人と並行してメッセージのやり取りをするのが基本です。

なので、1人1人に「僕はあなたに興味があります」ということをしっかり伝えなければ、相手は必ず別の人にいってしまいます。

またそれを伝えるにはどうすればいいのか?

質問して下さい。

1つのメッセージの中に1つ質問を入れるだけでいいんです。難しく考える必要はありません。

モテる人

映画が好きなんですか?→(返答:はい)→どんなジャンルが好きですか?→(返答:ホラー)→この前公開されたあの映画見ましたか?→(返答:まだ見てません)→じゃあ今度一緒に見にいきませんか?

という感じで簡単な事だけど、着々と初デートに向かっているのが分かりますでしょうか?

ただ質問していても内容によっては「好意がない」と思われてしまうので、あくまでも落としてはいけない基本中の基本ということを覚えておいてください。

自分のすごさアピール

一度自分のメッセージを見返してみてください。

モテない人

毎日ジムに行ってトレーニングしてるから、最近すごい筋肉がついてきたんだよねぇ。

最近思い切って(高級)バイク買っちゃったんだけど、それがカッコよくてさぁ…

この前、仕事で売り上げ1位をとって表彰されちゃって…

などと話している内容が、自分の「武勇伝」ばかりになっていないですか?

マッチングアプリでは、自分のことをよく見せようと思うあまり自慢話が多くなって、相手を退屈させるケースが多いです。

相手はあなたの自慢を聞いたところで、すごいと思うどころかつまらなく感じる場合が多いです。

自分の話と相手の話が1:1になるように心がけましょう。

初デートの費用をケチる

いざ、初デートまで辿り着きあなたは最高の1日を過ごしました。

ただ…

モテない人

あれからメッセージの回数も減ったし、2回目デートに誘おうとするといつも忙しいと言われる。初デートは良かったのに他に好きな人でもできたのかな?

とこのような経験をしたことがないですか?

よく考えてみて下さい。

あなたは初デートでどんなことを相手にしてあげましたか?

お金がかかるからと言って、定食屋さんでお昼ご飯を食べて、その辺の公園で喋って、夜は居酒屋でご飯。なんてデートだったら僕は絶対に他の人を探します。

直接顔を見て、その人が実際どういう人なのかを確認するのが初デートです。

今後に繋がるかどうかの一大イベントでもあります。

そんな一大イベントに、適当なデートをされたら絶対に心は動かされません。

ご存知でしょうか?

どんなデートをするかによって、あなたが相手をどう思っているかがわかる。と言われています。

上記のように適当なデートだと、相手は「それなりにしか思ってくれていないんだ」と感じるということです。

あなたが相手を落としたいと思っているのであれば、それなりのデートコースを考えるはずです。

モテる人

テーマパークが好きって言ってたからディズニーランドに行って、お昼はテーマパーク内の僕のオススメのレストランでご飯を食べて、夜は疲れてるだろうから相手の状況を見て決めようかな。

京都の嵐山だったら、めっちゃ美味しいうどん屋さんがあるからそこで昼食を食べて、その後竹林とかモンキーパークもいける。疲れたらカフェがいっぱいあるし、温泉もあるから夜までゆっくりデートできるかな。

また、ロマンチックなデートをしたとしても全てが割り勘とかだと台無しです。

そこは奮発してあなたが多めに払いましょう。

そうすると2回目のデートがあった時に、今度は相手が多く払ってくれるはずです。

また、初デートまで辿り着けないって方はこちらをご覧下さい。

【まとめ】マッチングアプリでモテない自分から抜け出そう

結論、あなたがその相手をどれだけ落としたいと思っているか。

それによってあなたの行動は変わってきます。

マッチングして、この人は本当に自分のタイプだし恋人にしたい。と思ったならその人のことを第一に考えて行動するはずです。

また逆に恋人にしたいわけではないって人にはそれなりの行動になります。

ただ、真剣に落としたい相手がいるのにも関わらず、ご紹介した行動をしているようでは、なかなか初デート、2回目のデートまでたどり着けないかもしれません。