恋愛

国際恋愛するにはどのくらいの英語力が必要なの?【経験者が語る】

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

日本人

外国人の恋人欲しいけど、英語全然できないしなぁ。実際、国際恋愛するにはどれくらい英語力があればいいの?

と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか?

近年、日本に住む外国人の数が急増しており、出入国在留管理庁によると「2019年6月末の時点で在留外国人数が約283万人に達した」と発表をしています。

それと同時に海外や外国人、英語学習に興味を持ち始める日本人も、だんだんと増えてきています。

また、「外国人の恋人を作りたいけど自分は英語が話せないから無理だ」という声がすごく多いことに気づきました。

そこで今回は、国際恋愛経験5年以上のモア像が「国際恋愛するには、実際どれくらいの英語力が必要なのか」についてお答えをします。

国際恋愛するにはどのくらいの英語力が必要なの?【経験者が語る】

結論から言うと、これは完全に付き合う相手によります。

日本語がペラペラな外国人と国際恋愛をする場合は、はっきり言って英語力は必要ありません。

こちらのグラフは国際恋愛をしている日本人100人に行ったアンケート調査です。

「日常会話」「日常会話以上」と答えた人が50%いるのに対し、実際のところ…

「少しは喋れた」「日常会話くらいなら」「全く喋れなかった」と、おおよそ80%くらいの方が、それほどの英語力なしに外国人の恋人をゲットしています。

やはり、まだまだ日本人の思考には、「国際恋愛 = 英語が話せないといけない」というイメージが強いのです。

ただし、「国際結婚」まで繋げらるような関係を作っていきたいと考えているなら、最低でも恋愛する段階でベーシックレベルの英語力はあった方がいいです。

具体的な数字でいうと初中級レベル

  • 英検:3級〜2級
  • TOEIC:500点〜700点
  • 語彙力:3000語〜4000語
  • 会話力:日常会話〜説明できる

とこのようなレベルになります。

また、日本語を全く話せない相手だと「微妙なニュアンスの英語を聞き取り理解できる」「自分の意見をはっきりと言える」くらいの英語力は必要になってきます。

現在僕は、カナダ人の彼氏とお付き合いをしているのですが、彼は全く日本語が話せません。挨拶するのがやっとのレベルです。

そうなると先ほどお伝えした「微妙なニュアンスの英語を聞き取り理解できる」「自分の意見をはっきりと言える」くらいの英語力は確実に必要になります。

具体的な数字でいうと先ほどもお伝えした初中級レベルになります。

本気で英語力を伸ばしたいと思う方にオススメのオンライン英会話をご紹介した記事も合わせてご覧下さい。

国際恋愛中に英語力が必要になるとき

喧嘩をしたとき

口論や喧嘩をした時、皆さんやっぱり感情的になっていますよね?

しかも、相手が英語しか話せない場合、ありとあらゆる英語のスラングが相手から出てくるはずです。

そんな時に、相手の言っていることを理解して、英語で瞬時に言いたいことを言おうとするのは結構難しいです。

先ほどもお伝えをしましたが、現在僕はカナダ人の彼氏とお付き合いをしています。

ただ、彼は全く日本語が話せません。

なので、日常会話は全て英語なので喧嘩した際も、もちろん英語での口論になるのですが、やっぱりスラングが飛び交いますし、早口にもなるので、喧嘩するときは普段話すときより何十倍も集中をします。

また、海外では「常識では…」とか「空気を読んで言動を起こす」といった日本文化とは全く異なり「意見交換をしっかりする」という文化なので、自分の意見をはっきりいう場面が多いです。

そんなときはやはり英語力が必要になります。

相手のご両親や親戚、友達に会うとき

国際恋愛をしている人なら分かると思いますが、外国人とお付き合いをしていると、割と早い段階でご両親や親戚、相手の友達に紹介されることが多いです。

特にお爺ちゃんやお婆ちゃんの英語はアクセントが強く、聞き取りにくかったり、家族間や友達間ではどうしても話す内容が身内ネタになり、しかもみんなネイティブなので、いつもゆっくりと話してくれている恋人ですら早口になったりします。

そんな時にいきなりあなたに質問がくると…

あなた

えぇぇぇ。今の話の内容、全然聞き取れてなかったよぉ。どうしたらいいんだろう。助けてぇ。

となることは目に見えています。

なので、このような場面ではだいぶと英語力が必要とされます。

相手の国へ生活拠点を移すとき

国際恋愛が順調に進んで、パートナーとして海外に生活拠点を移す場合はさらに英語力が必要になってきます。

国際恋愛期間が長く、恋人との会話には困らなくなっていたとしても、いざ海外で生活してみると話せないことだらけ。ということは有名な話です。

恋人との会話に困らなくなっているのは、あなたが恋人の英語に慣れているからです。

しかし、海外生活では違います。

特に、病院や銀行、仕事を探す際、役所手続き、などは少なくとも中級レベル程度の英語力が必要とされます。

僕が2019年7月から10月までカナダで彼氏と一緒に生活をしていたときの出来事です。

ある日の深夜、彼氏の体調が急に悪くなり意識がなくなったのです。

救急車を呼ばなくてはなりませんでした。

そこまでの知識はあったので、なんとか救急車を呼ぶことができたのですが、そこからが難関でした。

駆けつけてくれた救急隊員が話す超高速なネイティブ英語と、聞いたこともない病気や健康に関する英単語が飛び交い、また彼が意識を失ったことに対して完全に動揺していた僕は、全く彼らの話す英語が理解できませんでした。なので…

モア像

I don’t know…I don’t know…I don’t know…(分かりません)

と連呼していたことだけは覚えています。

その後も、彼が病院に運ばれ、僕も救急車に乗って一緒に病院へ向かったのですが、意識がない彼のところに沢山の専門医師がやってきました。

彼はもちろん意識がないので、ドクター達は僕に医療のことを説明し、彼について質問をしてくるのです。

もちろん、専門的な病気や健康に関しての英語力が全くゼロだった僕は、到底理解できるはずがありませんでした。

それから彼の意識はすぐに戻ったのですが、すぐに動けず食べ物も食べれない状態だったので、1週間ほど入院することになりました。

僕も毎日彼に付き添っていたので1日6時間〜8時間以上病院にいるという生活が1週間続きました。

しかし、そうすると沢山の医師や看護師さんと話しまくったせいか、ある程度の病気や健康に関する英語の知識がつき、彼が退院する頃には看護師さんと日常会話や彼の体に起こった病気のことが、普通に話せるようになっていました。

ただ、海外で生活するということはこういうことです。

特に、海外永住される方は最低でも中級レベル以上、上級レベルがあれば安心と思っておくのがいいでしょう。

中級レベル

  • 英検:英検2級〜準1級
  • TOEIC:600点〜800点
  • 会話力:説明〜解説レベル

上級レベル

  • 英検:準1級〜1級以上
  • TOEIC:800点〜990点
  • 会話力:翻訳レベル

そうでないと、何か問題が起こった時に対処できなくなります。

【まとめ】国際恋愛するのにまずは中学卒業レベルの英語力で大丈夫

中学卒業レベルとは「英検3級」「TOEIC400点〜500点」くらいの英語力です。

国際恋愛をしている人のほとんどは「最初は英語力が全然なかったけど、付き合うに連れて恋人に教えてもらったり、英語に興味を持って自分から学んだりして英語力をつけていった」という方が多いです。

日本語をペラペラに話す外国人しか探していないのであれば問題はないですが、ほとんどの方は語学は二の次で、第一はその外国人が素敵かどうかですよね。

なので、とりあえずは英語で多少のコミュニケーションが取れるように中学卒業レベル(英検3級程度)の英語力はつけておいた方がいいかもしれません。

それに、もちろん英語力は高ければ高いほど出会いの幅も広がります