ゲイ脱毛

ゲイ男性が自宅でムダ毛を薄くする3つの処理方法とは?

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ

毛をツルツルに脱毛するのは嫌だけど、少し薄くしたい。どんな方法がいいの?

ゲイ男性の中でも、ツルツルにしたくはないけど、毛の量は減らしたいという方が多いです。

様々な脱毛サイトで紹介されているのは、脱毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器、サロン脱毛など、どれもツルツルに脱毛してしまう方法ばかりです。

そこで、この記事では減毛をしたいけどツルツルにはしたくないという方のために、自宅でムダ毛を薄くする方法をご紹介します。

ゲイ男性が自宅でムダ毛を薄くする3つの処理方法とは?

すきバサミ

とにかく毛を自然な薄さに仕上げたい!

このような方には「すきバサミ」がおすすめです。

長めの毛と短めの毛がバランスよく残るように意識して、すいていくことで自然な薄さに仕上がります。

自分でカットすることができるので、「短めに」「長めに」などを自分で調整できるのが一番のメリットです。

また、刃が直接肌に触れることはないので、肌へのダメージがなく毛を減らすことができます。

ドラッグストアや通販などで1,000円前後で購入することができるのでコスパ的にも抜群です。

>> おすすめ商品はこちら

メリット
  • 自分でカットするので好きなように調整可能
  • 肌への負担がゼロ
  • コスパが良い

電気シェーバー

悩んでいるゲイ

すきバサミでは、いちいち長さを確認しながら毛を処理しないといけないからめんどう。

このような方には「電気シェーバー」がおすすめです。

電気シェーバーはアタッチメント等も付属されているので、長さを調節すればいちいち確認しなくても、その長さで一気に毛を処理することが可能です。

また、アタッチメントにより刃が皮膚に触れないようになっているため、カミソリを使った際に起こるカミソリ負けや炎症などが起こる心配がありません。

価格帯に関しても、すきバサミよりは高くなりますが、数千円で買えるものが多く、一台買ってしまえば長期間使え、購入後のコストは充電代や電池代のみなのでコスパ的にもいいのがメリットです。

>> おすすめ商品はこちら

メリット
  • 長さを自分好みに設定して一気に処理できる
  • 肌への負担がない
  • コスパが良い

抑毛ローション

悩んでいるゲイ

カミソリ、脱毛クリーム、脱毛ワックスで処理することに慣れてるんだけど…

このような方は、処理後に「抑毛ローション」を使用すると効果的です。

抑毛成分が毛の毛根にアプローチをかけることにより、ムダ毛の発達を抑えることができるのが「抑毛ローション」です。

天然成分を中心に肌に優しいものが使用されているので、肌への負担を抑えながら抑毛することが可能です。

また、抑毛ローションに含まれる成分はお肌に優しいだけでなく、美容にも良いとされており、化粧水・シェービングローションなどの代わりに抑毛ローションを使用している方が多いです。

脱毛クリームやワックスは即効性があるのに比べ、抑毛ローションはどちらかと言うと、長く使い続けることで、少しずつ毛を薄くしていくイメージです。

主なメリット
  • 肌に負担をかけず抑毛ができる
  • お肌のスキンケアとしても使える
  • 子供に使えるくらい肌に優しい

※ 脱毛効果はないため、脱毛クリーム・ワックスなどと混同しないよう注意しましょう!

おすすめ商品【プレミアムアフターシェイブローション】

プレミアムアフターシェイブローション

プレミアムアフターシェイブローションは、メンズの濃いヒゲ対策用に開発された抑毛ローションです。

足、ワキ、顔など全身に使えるので、これ一本で体中抑毛することができます。

毛の処理以外にも、毛を剃った後の黒ずみを綺麗にする効果があり、化粧水や保湿クリームのように、毎日使うだけで効果を実感できます。

ヒゲだけではなく、体中の気になるムダ毛処理後に使ってみましょう!

【アフターシェイブローションの詳細】
・単品購入 5,280円(税込)
・定期購入 1本あたり4,752円(税込)
・容量   150ml(2ヶ月分)

公式サイトはこちら
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

本気で薄くしたいならサロン脱毛

これまで、自宅でムダ毛を薄くする方法をご紹介してきましたが、これらの方法はあくまで毛を短くする、毛の成長を抑えるものです。

なので、生えてくる毛の量自体は変わりません。

悩んできるゲイ

毛が生えてくるたびに処理するのはめんどう!

と思う方は、何度かツルツルにしないといけないものの、確実に毛の量を減らすことができる「サロン脱毛」をおすすめします。

サロンでの脱毛は、施術前に毛を全て剃らないといけません。

しかし、1〜2週間あれば新しい毛が生えてきますし、徐々に毛根が弱くなっていくので確実に毛の量を減らすことができます。

なので、すきバサミやシェーバーなど、一生処理をし続けなければならない方法より、脱毛サロンに通って毛の量を減らす方が、最終的には時間もお金もセーブできるのではないでしょうか。

モア像

僕は脱毛サロンに通うまで、ヒゲ、体の毛ともにずっと自己処理をしていました。しかし、サロンで全身脱毛をしたおかげで、体の毛は全く処理しなくてよくなりましたし、ヒゲも1週間に1回剃るか剃らないかまで減毛することができました!

しかし、「サロンやクリニックで脱毛したいけど、どのサロンがいいのか分からない」という方も多いはず。

しかも、「できるだけ他人との接触を避けたい」「デリケートな部分の脱毛で反応してしまったらどうしよう」など、ゲイならではの悩みもありますよね。

そんな悩みをお持ちの方に、下記の記事では「ゲイにおすすめする人気のメンズ脱毛サロン」をご紹介していますのでご覧ください。

【まとめ】自宅で簡単に減毛しましょう

今回は、自宅でムダ毛を薄くする方法をご紹介しました。

  • すきバサミ
  • 電気シェーバー
  • 抑毛ローション

減毛をしたいけどツルツルにはしたくないという方は、ぜひこの方法で処理をしてみてください。

ゲイの世界では毛に敏感な方も多く、毛があるかないかであなたの印象も変わってきます。

生えっぱなしの毛を晒して引かれることがないように、特にデートの前日はしっかりと毛の処理を行って、素敵なデートになるようにしたいですよね!

>> ゲイの男性が特に脱毛するべき4つの部位とは?

>> ゲイ男性が自宅で脱毛するおすすめの方法3選

>> ゲイ男性が自宅でやりがちな脱毛のNG方法