ゲイ脱毛

【ゲイにおすすめ】陰毛(ちん毛)を自宅で処理するたった1つの方法

こんにちは、モア像(@two_2_more)です。

悩んでいるゲイ

恥ずかしくてなかなか相談できないけど、陰毛(ちん毛)ってみんなどうやって処理してるのかな?

このようにお悩みのゲイの方も多いはず!

最近では、陰毛を処理している人が多く、逆に全く処理されておらずボーボーだと、引かれてしまうことが多いです。

また、処理を試みても今まで陰毛を処理する習慣がない日本人男性の間では、あまり上手く処理できないと言った声が多いです。

そこでこの記事では、陰毛を自宅で処理する際におすすめする、たった1つの方法をご紹介します。

陰毛(ちん毛)を自宅で処理するたった1つの方法

電気シェーバー

自宅で陰毛を処理をする際に、みなさんが不安に感じるポイントとしては下記のようなことが挙げられます。

悩んでいるゲイ
  • 毛がまばらになるのは避けた
  • 一気に処理してしまいたい
  • デリケートゾーンだからカミソリ負けが起こったら嫌だ

このような不安を解消できるベストな処理方法は、なんと言っても「電気シェーバー」を使っての処理です。

電気シェーバーには長さを調節するアタッチメントが付属されている場合が多く、自分で長さを決めることができるので、豪快に剃ったからと言ってパイパンになることはありません。

また、カミソリなどを使ってしまうと、まばらに処理されてしまう場合が多く、毛の長さを均等に処理することが困難です。

しかし、電気シェーバーなら一度アタッチメントの長さを固定してしまえば、その長さで一気に毛を処理することができます。

さらに、刃が皮膚に触れないようになっているため、カミソリを使った際に起こるカミソリ負けや炎症などを起こす心配もありません。

肌を傷つけず自分で毛の長さを調節できる上、一気に処理することができる「電気シェーバー」を使った方法が一番おすすめできる処理方法なのです。

おすすめの電気シェーバー

商品名 Vellope
価格 (Amazon) 5,980円 (参考価格)
おすすめポイント ・USB充電式で最短2時間で充電完了
・防水機能有
・湿った状態や乾いた状態でも安全に使用可能
・長さ調節コームで1mm〜20mmまで長さがセットできる
購入先 Amazonページはこちら

陰毛を処理する際のNG方法

悩んでいるゲイ

電気シェーバー以外は全てNG方法なの?

と思われた方も多いはず!

基本的に自宅での処理は、電気シェーバー以外の方法はデメリットが多すぎるためおすすめできません。

ではなぜNGなのかを見ていきましょう!

カミソリ

悩んでいるゲイ

ほとんどの人がカミソリを使って処理してるでしょ!

と思われる方も多いと思いますが、先ほどもご紹介した通り、毛がまばらに処理されてしまう場合が多く、見た目が綺麗に仕上がらないのが一番のデメリットです。

また、特にパイパンにしたい方がカミソリを使ってしまうと、カミソリ負けや炎症などを起こす可能性が高いのでおすすめできません。

ハサミ・すきバサミ

悩んでいるゲイ

ハサミを使うのが一番簡単なんじゃない?

比較的カミソリよりかは長さ調節がしやすいかもしれませんが、こちらも毛を均等に処理することが難しく、何よりハサミでカットすると毛先が尖ってしまうため、どうしてもチクチクしてしまい、痒みが出る場合が多いです。

また、カミソリやハサミを使って毛を切ってしまうと、毛の断面積が大きくなり、伸びてくると逆に濃くなったように見えてしまう場合があります。

ヒートカッター

悩んでいるゲイ

アタッチメントがあるから火傷をする心配もないし、コームを使って毛の長さをそろえながらカットできるから綺麗に仕上がるんじゃない?

このような理由でヒートカッターを使っている方もいますが、カミソリやすきバサミと同じく、毛を均等に処理することが非常に難しいです。

アタッチメントがついていると言っても、所詮自宅での自己処理になるため、あまりにも短く処理をしてしまうと毛から肌へ熱が伝わり、肌を焼いてしまう可能性があります。

除毛・脱毛クリーム

脱毛クリームを使っているゲイ

パイパンにしたいならこの方法が最適でしょ!

毛を短くするというよりかは、パイパンにしたい方がよく使っている方法になりますが、除毛・脱毛クリームは毛を溶かして処理をするという方法です。

つまり、毛が溶けるということはそれだけ成分が強いということになります。

そんなクリームをデリケートゾーンなどの肌が薄い敏感なパーツに使用し、万が一肌に合わなければ、かぶれや火傷が生じる可能性があるのでリスクが高すぎます。

家庭用脱毛器

悩んでいるゲイ

頻繁に処理をするのが面倒だから、脱毛して毛を減毛したいんだけど、脱毛サロンに通うのは抵抗があるから家庭用脱毛器を使おうかな?

このような理由で家庭用脱毛器を検討されている方も多いですが、家庭用脱毛器のデメリットは、陰毛などの濃い毛には効果が現れるまで数ヶ月〜数年かかる場合が多く、即効性が期待できません。

最終的には「カミソリや電気シェーバーなどの処理に戻ってしまった」という方が多いです。

なので、家庭用脱毛器を使うのであれば、思い切って脱毛サロンに通うことをおすすめします。

その方が、より速く安全に効果を実感することができるでしょう!

また、最近では脱毛サロンでVIO脱毛する男性が増えに増えまくっており、各サロンでもキャンペーンを行っている場合が多いです。

今のうちにチェックしてお得なキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

【関連記事】・ゲイにおすすめする人気のメンズ脱毛サロン5選

世の中の男性は陰毛をどう処理している?

世の中の男性は、どのように陰毛を処理しているのかアンケートを取ったところ下記の結果が出ました。

やはりまだ日本では陰毛を処理するという習慣がなく「処理をしていない」と答えた方が半数を占めました。

そんな中、半数の男性は何かしらの処理を行っているようですね。

【まとめ】ボーボーの陰毛はナンセンス

今回は、陰毛を自宅で処理する際におすすめする、たった1つの方法をご紹介しました。

特にゲイの世界ではアンダーヘアに敏感な方が多く、温泉などでも森のように生えたボーボーの陰毛を見ると、幻滅してしまうといった声も多いです。

また、パイパンにするよりかは少し毛を残した方がセクシーと感じる方が多いので、陰毛は他のムダ毛に比べて処理が難しいです。

そこで、今回ご紹介した電気シェーバーを使っての方法なら、簡単にゲイ受けの良いアンダーヘアを実現することができます。

いざという時に幻滅されることのないように、日頃から処理を行うようにしましょう!

【関連記事】・陰毛(ちん毛)が濃くなる原因と処理をするべき理由

【関連記事】・ゲイの男性がVIO脱毛をするべき6つの理由